就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

転職に必要なもの

よく転職を考える時に何か資格があった方が良いのかということを考える方がいらっしゃいますが、それはもちろん無いよりあったほうが良いです。

でも、それが決定打になるとはとうていおもえません。

転職に必要なのはどんな人生を歩んでどんな経験をしてきたかということが大事なんです。

その意味では資格があれば、勉強していたことの証明になるので好材料の一つになります。

ただ、仕事のことで言えばどんなプロジェクトでどんな仕事をして、どんな結果を出したかを知りたがります。

そこで薄っぺらい嘘を言っても当然見抜かれてしまいます。

これは転職に限らず新卒採用の面接などにも言えますが、特に中途採用の場合はその人の持つステータスを評価します。

自分が武器となりうる経験や実績はやはり大事になってきますね。

したがって、お給料が少ないからという理由で安易に転職を実行するのはお勧め出来ません。

自分の売りになるものが思い当たらないならば、まずはそういう土台作りを考えた方が得策ですね。

勝負はそれからでも遅くないのではないかと思います。

また前の会社を辞める理由も大事です。

採用する側は辞める理由を気にします。

それは当然です、採用しても同じ理由で自分のところでも辞められたらたまりませんからね。

やむを得ない理由を適当にでっちあげる人が多いですが、それもお勧め出来ません。

やはりそこも見抜いてきますからね。

転職のメリット、デメリット

私が元いた会社から今の会社に転職したのは29歳の時。

30歳前後というのは将来に対してのスキルを考える頃で、技術職をしている人は特にその傾向は強いかと思います。

私は転職して良かったと思える転職が出来たので幸いでしたが、実際転職に失敗する人も多いようですね。

転職の理由としてはやはりお給料の問題で転職を考える方が多いでしょう。

それだけが理由ではないですが、理由の一つになることは間違いないですよね。

ただ結論から言うと、給料だけの問題で転職を考えるのは慎重になった方が良いと思います。

条件的に良い会社への転職を希望するわけですが、結果的にサービス残業だらけの会社でしたというのでは本末転倒ですね。

またまったく新しい環境に行くわけですからまったく新しい人付き合いも必要ですし、新しい場所の風土に慣れなくてはなりません。

心の余裕は必要になります。

ただ、それら全ても自身の揺るがぬ決意があれば大きな問題ではないでしょう。

その為には自分が何故転職を考えているのかをしっかり考えることですね。

お給料の問題はもちろん大事ですが、その転職をすることで自分が何を得たいのかという信念をはっきりさせることが重要です。

そうすることで、道は拓けてきます。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー