就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

就活で携帯電話で時間確認がなぜNGか?

就活中は、腕時計が必要かどうか?をよく尋ねる人がいます。
その答えは、スバリYesです。いったいどんな時に必要になるのかと言うと、例えば、待合室で「何時何分からスタートします。」と言うインフォーメーションが流されたとします。
時計がない人は大抵、携帯電話を取り出して確認するでしょう。

就活中に携帯電話を見ているのは、どう言う印象を持つでしょうか?
もちろん、本人は携帯時間で誰かに電話しているわけではなく、ただ単に形態の時計で時間を確認しているだけでも、会社から見ると、何となく携帯電話で電話でもしているように見えてしまいます。
決していい印象を持たないのではないでしょうか?

また、今多くの企業で始めているグループディスカッションでも、時間を測る機会があったりします。
その度に携帯電話を取り出すのは、マイナスの印象を持ちます。
それよりも、スマートに腕時計ですべて時間の管理をてきぱきとしている人のほうが絶対にプラスとされるのです。
就活は、ついでにやっているものではありません。その企業で働いて給料を得るために試されるテストの一部です。時計ひとつにも気を使う気持ちで真剣に取り組みましょう。

就活で1日複数回る時は時計がものを言う

就活で一日何件も回る人がたくさんいます。
平均2,3件と言う人も少なくないでしょう。その場合、時間の管理がとても大切になってきます。
時間に注意しながら行動するようになりますが、決められた時間に遅刻するのは、まったくもってNGです。

社会人になると、尚更時間には殊にシャープでなければクライアントとの信頼関係を築いて行くことができないほどです。
そこで、就活に必須アイテムと言えば、時計になります。
腕時計は、スケジュールを確認しながら行動するにも、まずすぐに腕に目をやるだけで時間を把握できます。

ただし、就活では、企業を回る際に、それぞれでどれくらいの時間が必要なのかを前もって想定しながら予定を立てることが大切です。
いくら一日の予定をたくさん入れても、それぞれ時間的にも、体力・気力的にも確実にこなせることができないのであれば、かえって効果はマイナスと働いてしまいます。
一つ一つの企業に余裕をもった時間で組み予定を入れて、その上で時計を利用しながら、確実に行動をすることが成功へのキーとも言えるでしょう。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー