就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

時計の外観がそれほど派手でないもの

就活の時期がスタートすると、何かと身なりにも気を使いますよね。 

まず見た目の印象は、最初に目に入ってくるのがスーツでしょう。そして、靴やバッグ等、いくつかのアイテムも、面接の前に実際自宅で一度着けてみて、印象がどんな感じが鏡に映してみるといいですね。

ただ、その他に、就活と言えば、時計も結構大切なアイテムではないでしょうか?

スーツを着てしまえば、それほど見えるものではないのですが、ちらっと見えた時にどんなと時計をつけているのかも、何となく印象に残るものです。

高価な時計をする必要はありません。高価なものをいろいろ着けていることで、かえって印象が損なわれる結果になることもあるかもしれません。

見た目がシンプルであり、実用的なもので十分です。

ただし、ちょっと奇抜でゴテゴテいろいろなものがついていたり、年齢にそぐわない幼稚なデザインものは、あまり印象によくないでしょう。

就活ですから、外観がすっきりさわやかで、誠実な印象を与えるような時計をエ選ぶようにしましょう。

高級ブランド時計は就活に適さない

別に個人の好みですので、会社がそこまで言うはずがない、あるいは気にするはずがない、と考える人もいるでしょう。
しかし、就活中に時計をしているか、していないか、あるいは、どんな時計をしているのかどうかは、意外とチェック事項のひとつだったりします。
まして、ローレックスやオメガ等の高級ブランド時計を就活にはめていると、「ブランドばかりにこだわって、この学生がこの会社に入ったら、本当に仕事をしっかりこなしてくれるだろうか?」と心配にもなるかもしれません。

就活中は、自分をよりよく見せるように努力するのは間違いありませんが、「良く見せる」を取り違えて、ファッションやブランドを着けて、かっこよく見せることとまったく異なります。
言葉を変えれば、自分の長所を十分に活用して、企業にアピールする努力をすることです。
そもそも企業がなぜそれほどに時計ごときにこだわるかと言えば、やはり時間管理を意識できる人材かどうかを見ているのです。

それには、ブランドやセンスは関係ありません。
誠実に時間通りに仕事をこなせるかどうかの資質をチェックされていると思ってください。
ごく一般受けする時計を選ぶことがポイントとなります。

ファッション関係の就活の時計は?

就活の経験をした人たちの話で時計について、ひと事言えることは、「シンプルなもの」と言うことですが、服装やデザインをとても意識するファッション関係の業界の就活において、面接等に着けてゆく時計はどうなのか気になるでしょう。
ファッション関係は、特にあなたが身に付けているものについて、面接官がよく見ているのは間違いありません。
もし、その会社で時計も商品として販売されているのでしたら、その会社が扱うブランドの時計をさりげなくしているのも印象として良いと思います。
時計だけではありません。

その会社が扱う服装も意識するほうが面接官にさらに強い印象を残します。
また、就活風のアイテムを扱っていなければ、それなりにセンスのよい着こなしに気をつけたほうがいいでしょう。
ただし、それが高級感の与えると言うイメージではなく、就活ですから、あくまでもシンプルで誠実なイメージのものでまとめることを心がけましょう。
しかし、どんな業界であっても、身に付けている服装やアイテムだけで面接に合格させるわけではありませんが、まずは第一印象となる身なりに、十分気を配る必要があります。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー