就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

就活に時計をすることはそれほど大切か?

就活に時計をしているかどうかをチェックしている会社もあるほど、実は時計は以外に見られています。それがどんな時計かまでちゃんとチェックされています。
就活をするのであれば、時計は確実に着けていくことをお勧めします。

例えば、あなたともう一人合格する候補があがったとします。
もしかすると、時計をしていたか、していないかの差で落とされることもありえるかもしれません。
就活では、ほんの些細なことでも、過去に経験した先輩たちが伝えるアドバイスに素直に耳を傾けるべきだと思います。
時計は、時間を管理する道具です。携帯電話よりも早く、時間を確認することができます。

携帯電話で時間を確認していると、いちいちポケットから取り出してみなければなりませんから、そもそも時間の確認が何となくルーズになってきます。
それよりも、片手をさっと出して、時間を確認するほうがどれほどスマートかわかりません。
時間を意識して行動している人材として映ります。
また、これがさりげない印象を相手に与える武器なのです。

就活に腕時計はなくても大丈夫と言う人

就活に腕時計について、知恵袋等でいろいろな質問をよく見かけます。
それについては賛否いろいろありますが、多くの人は時計を就活中に必ず着けるで一致しています。
しかし、中には「そんなものはなくても大丈夫。

グループディスカッションでも、誰かに時計をうまく使うように仕向けることも出来る」なんて言う人もいます。
あるいは、「携帯電話でも十分時計の役割を果たすので、わざわざ買う必要がない」と言う人もいるようですが、果たして、本当にそれでいいのでしょうか?
それらの意見の人たちも、実際にそういう行動をして、就活に成功を収めたのかもしれません。

しかし、余程印象深い、会社に合うキャラクターを持った人たちだったかもしれません。
しかし、一般的には、NGです。
そういうパフォーマンスをして、面接や会社訪問で面接官をトリックするようなことをしても、何の得にもなりません。

十中八九、まず当たり前のことが出来る人間を採用したいと思うのが正当です。
ですから、就活用の時計についてのブログでも、「必ず着けていきましょう。」とあるのは、そのためです。たかが時計ごときに、と侮らないほうがよいでしょう。

企業は時間管理力もチェックしている

就活は、企業で働いてお金をもらい自分で生活してゆくための行動です。
つまり、自分の生活がかかっているもので、それによって、将来の自分の生活の他に、将来家を買ったり、家族を支えたりするための手段の第一歩となります。
もちろん、最初に入った企業から転職することもあるかもしれませんが、それでも最初の社会人として第一歩を踏み出すための就活には、確実に取り組むべきです。

社会人になると、時間の管理がモノを言います。時間の管理が出来てこそ、より豊かなビジネスライフを築くことが出来るのです。
携帯電話が普及して、時計を持たなくなった人も増えていますが、ビジネスのシーンの中で、すぐに時間を確認出来るのは、やはり時計です。
時間の確認にすぐ腕時計を一瞬で確認することができますが、携帯電話はポケット等から取り出して見る必要があります。

もし、混んでいる電車に乗っている場合はどうでしょう?
手が片手しか使えない状況なら?就活中で、まだ仕事がスタートしていなくても、筆記試験の時間を意識すること、面接時間に遅れないようにすることや、会社説明会のディスカッション中の時間の振り分け等、すべて時間の管理力が仕事の重要性と結びついています。
就活に、必ず時計を使用しましょう。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー